「繭」mayuの、手織シルクのストール。 | Margaret

「繭」mayuの、手織シルクのストール。

秋を感じる風が心地よい日も増えてきましたね。

おもての金虎の尾がみごとです。

これは暑さ真っ只なかの3週間前くらいでしょうか

ひととおり蕾が咲いたかなといった頃、まだまだ蕾が次々出ているのを発見しました。

バラのように華やかというよりは、とても控えめな、慎ましさがあり、それがそそられます(笑)

本当に強い子で元気をもらえます。





さて、本日は今年の秋冬の限定のお品のご紹介です。


シルクの糸で手織りされたストールです。




繭(mayu) という作家さん

ただ織ることが好きで、織りためてこられました。

絹のあたたかさ、手織のいびつさをお楽しみいただけたら、とmargaretにお預けくださいました。



配色や透かし模様もそれぞれたった一つだけのストールです。





フワッと軽くてあたたかいのが絹の最大の魅力です。もちろん、おうちでお洗濯も可能です。(ここ大事ですよね!)





「Happy Dot」のリネンのお洋服とも、とってもよく合います。。





何を隠そう、実はこのかたは

あの刺繍作家、「makana mai soph」さんのお母さま。やはり作り手さんの家系なのですね〜

ほか、ブルー系、グリーン系、パープル系、など十数枚届いておりまして、

2021年春までの限定となります。



自分だけの贅沢ストール、ぜひまとってみてくださいね。

コメント