2020年春の京都。 | Margaret

2020年春の京都。

気がつけばもう3月も終わろうとしており、
長くブログをご無沙汰してしまいました、、。

インスタグラムではほぼリアルタイムで新作紹介をしてますので、ぜひご覧くださいね。

みなさまはいかがお過ごしでしたでしょうか??
2月末からの世の中不安なことばかりで、いつもの生活ペースがガラリと変わったかた、またはまったく関係なく過ごせているかた、いろいろだと思います。


京都は早くも桜が咲き出しましたが、どこにいってもスキマがあり、日本語しか聞こえず、昼間のバスや地下鉄は余裕で座れ、海外の観光客さんがどれだけ多かったかを改めて実感しております。


私たちもどれだけ慎重になったらよいのか誰にもつかめず、またほかの方に迷惑になるかもしれない意識も忘れてはいけない、というなんとも動きにくい毎日です。。

お店はありがたいことに京都市内のかたはちらほらのぞいてくださいますが、ご遠方のかたのご来店はぴったりと止まり、さらに静かな時間が流れています。
この機会にオンラインストアも楽しんでいただきたいと、少しずつ充実させていきたく、また覗いてみてくださいね。少しずつですが。。

またちょっと個人的な話ですが私はアクセサリーショップと並行して、食品関係の販売の仕事も長く続けているのですが、感染拡大でそちらの仕事内容がガラリとかわり、いつもの仕事との差にとても新鮮な思いを発見しました。

疲れかたがまったく違い、身体がとても楽なのです。

朝の起きづらさも軽くなり、甘いものを欲することも少なくなりました。

生活のために15年ほど続けている有難い仕事なのですが、それをしなくなるとこんなに楽になるのか、とあまりのはっきりした差に我ながら愕然としました、、。仕事内容は好きなのですが、体力が追いついていないことがわかり、もっと鍛えないとと思うと同時に、わたし頑張ってたなあ。と自分でねぎらってあげてます。


私事ですみません、いつにない発見だったもので、のんきなひとりごとをつぶやいてしまいました。


いつも当たり前にやらなきゃいけないと思っていることも、いったん立ち止まって見つめ直すのも必要なのかもと感じております。



まずは体調を整えて免疫を下げないこと、体力をつけることに励み、丁寧な暮らしを改めて見直したいと思います。
今できること、誰かのためにできることを模索しながら過ごすのみです。

みなさまもどうかご自身のお体を労り、毎日を大切にゆっくりお過ごしくださいね。

Margaretから歩いて1、2分の水火天満宮の紅しだれ桜、2、3日前の様子です。
今日の雨でどうなっちゃったかなーと、またチェックしにいきたいと思います。



コメント